Eclipseを使ってPython環境を作成する

Python

前提

Windows10環境に、Pythonの開発環境を整備する手順を記載しています。
機械学習のモジュールをAnacondaパッケージを用いずに構築しています。

ここでインストールするのは、下記のもの。

  • Eclipce Pleiades Version: 2019-06 (4.12)(日本語プラグイン導入済みのもの)
  • Python 3
  • pipコマンド(Pythonのインストールコマンド)
  • 機会学習パッケージ「numpy」「pandas」「matplotlib」
  • GUI開発モジュール「PyQt5」

Eclipseのインストール

Eclipseの日本語パッケージやプログラム開発に必要なモジュールが入った「Pleiades 」をインストールします。
インストール先

インストールするものは、「PythonのFullVersion」がお勧めです。

ダウンロードしたら、任意のフォルダに展開します。

Pythonフォルダを環境変数に追加する(任意)

日常的にPythonを利用するならば、環境変数に登録するのもおススメです。

環境変数に追加しておけば、コマンドラインで操作する際、フルパスでコマンド発行する必要が無くなります。

pipコマンドのインストール

Pythonを利用するなら、pipコマンドは使いたいコマンドです。(Linuxでいうところのapt-get)
※pipコマンドの使い方は、別記事にて

pipコマンドのインストール方法は、「getpip.py」を利用します。

get-pipのダウンロードと注意点

インストール手順

get-pip利用し、pipコマンドをインストールする手順です。

1.get-pip.pyを「Eclipceのインストールフォルダ\pleiades\python」に格納します。

インストールが完了したら、コマンドにてget-pip.pyを実行してpipコマンドを整えていきます。

2.Windows PowerShellを起動し、コマンドを発行する。

起動方法は、「Windowsボタン押下」→「Windows Power」と打ちます。

キーボードでフリーワードで検索できる機能はとても便利です

(コマンドプロンプトでも実行可能です)

起動したら、下記のコマンドを実行します。

cd Eclipseをインストールしたフォルダ\pleiades\python\3

.\python.exe get-pip.py

この手順が完了したら、Eclipseでpipコマンドのテストを行います。
フォルダ指定は、ドラッグ&ドロップでも可能です。

pipコマンドのテストを行う

Eclipseを起動し、「ウィンドウ」→「設定」を選択します。
その後、「PyDev」→「インタープリター」→「Python インタープリター」を表示します。
(画像を参考)

Mange with pip というボタンがあるので、そこを選択します。
後は、適当なpipコマンドを実行し、エラーが表示されなければ成功です。

画像では、updateコマンドを実行しています。

install update

必要パッケージのインストール

pipコマンドを使用して、下記のモジュールを追加していきます。

  1. numpy(ナムパイ)
    数学関数ライブラリで、ベクトル、・多次元配列・行列が扱いやすい
  2. pandas(パンダス)
    Numpyベースの拡張ライブラリ。欠損値を扱うことできる
  3. matplotlib(マットプロットリブ)
    様々なグラフの描画に利用する
  4. PyQt5(パイキュート5)
    GUIを簡単に作成するためのモジュール
  5. scikit-learn(サイキットラーン)
    機械学習用のモジュール。様々なモデル生成用計算方式がある。

以下がコマンドです。

pip install numpy
pip install pandas
pip install matplotlib
pip install PyQt5
pip install scikit-learn

 

これで環境の構築は完了です。
今後は、Pythonの基本的な使い方・機械学習について触れていこうと思います。

コメント